コミュニケーションとはなにか?

コミュニケーションについて
いろいろを書いていくにあたって
まず、コミュニケーションとはなにか
ということとその種類について
書きたいと思います。

コミュニケーション
(漢: 交流 英: Communication) とは、
複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、
受け取りあうこと、あるいは伝えあうこと。
表記のゆれとして、「コミニュケーション」、
「コミニケーション」があるが、「コミュニケーション」が
より一般的に用いられている。

(wikiより)

コミュニケーションの語源は、
ラテン語の「COMMUNIS」だと
いわれています。

その意味は、
「共有の」「共通の」「一般の」「公共の」などです。

その語源からから考えると、
きっと、物や情報や知識などを
「共有する」といった意味合いが
強いのではないかと思います。

コミュニケーションの
種類について書いていきましょう。

コミュニケーションを
分類するときには
関係する人数によります。

コミュニケーションといっても
二人で「伝え合う」場面
ばかりではありませんね。

2人、もしくは3人程度の場合は、
「対人コミュニケーション」、
それ以上の少数の場合は、
「小集団コミュニケーション」といいます。

また、演説や講演会の際によくある
1人に対して大勢の場合は、
「一対多数コミュニケーション」。

たくさんの人の集まる職場などでの場合は、
「組織内コミュニケーション」。

テレビなどのように大規模で、
機械を利用して行う場合は、
「マスコミュニケーション」といいます。
略して、「マスコミ」ですね。

このように、関係する人間の数だけでなく、
コミュニケーションを行う目的あるいは、
その方法によっても細かく分ける事ができます。

今、注目されているものといえば
「裁判」などでしょうか。

最近では、「医者と患者」のコミュニケーションにも、
注目は集まっています。

コミュニケーションの研究については
いろいろとありますので
気になったものについては
検索して、調べてみるのも
おもしろいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック